2022年1月箱展(55):畏敬展

それは私のことを、砂粒以下だとおもっているもの

企画番号:55
●テーマ
自然を前に人はどうにもできないように、いくら畏れども許されない、そもそもそんな次元ではない存在。
人々に力を与え、時には破壊を与える存在。畏敬する存在は——
——————-
この企画展は「畏敬する存在・邪神」がテーマです。

ハッシュタグ:#箱展 #畏怖セヨ
●会期
2022年1月10日(月)~1月23日(日)
※予定、延長の可能性あり

●会場
画廊&雑貨屋<箱の中のお店>
〒462-0044
愛知県名古屋市北区北区元志賀町1丁目 元志賀町1丁目12−1東-2
平日18時~20時/土日祝14時~20時/水木定休

●作家一覧 ※敬称略
・ゲスト


つっく
作家コメント
北海道出身。自然や人々の心の中に宿る神々の存在を表現したく、『土着信仰』をテーマに獣や神様のいるどこか懐かしい風景を描いています。
( Twitterpixiv )

つり河
作家コメント
イラストレーター・画家として活動するつり河です。
鮮やかな色彩で生き物の生命力と雄大な世界を描きます。2021年初個展にてデビューし、web展覧会やグループ展などに参加しています。
( TwittertumblerInstagram )

・ゆきか
WEB
・内田 欣二
Instagram
・おいも
Twitter
・こち
pixivTwittertumbler
・和金
Twitterpixiv