6月箱展MINI(mini10):梅雨入りの紫陽花

その日は紫陽花が涙を零していた。

募集締め切り:3月7日(日)まで
●企画番号:mini10
●テーマ
思い出すのは、梅雨に窓から見えていた雨と、大きな紫陽花で染まった鈍い色の空気だった。
—-
このテーマは雨と紫陽花、梅雨がテーマです。梅雨の風景や、紫陽花と水っぽい、あるいは湿っぽい感じの絵がテーマとなります。
素敵な作品をお待ちしております。

ハッシュタグ:#箱展 #雨アジサイ

テーマ:雨と紫陽花
参加費:3000円(A5以内複数点可能、20cm四方造形・可能)
参加サイズ:A5以内複数点(額縁、キャプションを除く)
※A5サイズを複数点出せる訳ではなく、A5サイズ(148×210mm)以内に収まる作品であれば複数点可能という意味となります。例としてA6サイズなら2枚分、一般的なミニ原画(55×55mm)であれば4個可能になります。
2021年5月31日(月)~6月20日(日)
搬入日:2021年4月28日(金)18時頃~20時頃のゆうパックで必着
企画番号:mini10
●物販について
物販手数料:30%
また、強制はしませんが、出来る限りテーマに沿った物販品でお願いします。
その他の物販規定はこちらをご覧下さい。

●通販について
会期中に通販を行います。通販での販売額は販売手数料を加味して、店頭販売価格の15%上乗せとなります。
ただし、通販で販売があった際でも、作家様へ振込する額に関しては店頭販売価格と同じになります。

●その他
・参加者は募集終了後1~2週間程度で告知をする予定です。
・箱の中のお店のTwitterアカウントのフォローをお願いします。

5月箱展(51):驚異の部屋ZWEI

客人に最高の御持て成しを。

募集締め切り延長中:3月7日(日)まで
企画番号:51
●テーマ
当店は2021年5月で2015年から開店し7周年となります。本企画展は当店のコンセプトの一つである「驚異の部屋」をテーマに開催いたします。
2016年5月にも驚異の部屋展を開催いたしましたので、同名の展示は二回目となります。珍品から標本、博物など。様々なテーマを孕んだ作品を心よりお待ちしております。
ハッシュタグ:#箱展 #驚異箱2

●ゲスト(順不同)


ムラマツアユミ
作家コメント
創造生物をテーマに粘土造形やイラスト、アニメーション制作などを行っています。古くから受け継がれたものに惹かれ、骨や妖怪などをモチーフにして自分の心象世界に生きる空想の生命たちを表現しています。​主にワンダーフェスティバル、デザインフェスタなどのイベントをはじめ、都内のギャラリーなどで作家活動をしており、(株)SO-TA社より「空想生物図鑑」シリーズのカプセルトイ販売も行っています。
( WebTwitterInstagram )

しめ鯖
作家コメント
ゲームのような風景を見たさで海外の世界遺産や遺跡の撮影をする傍らで、ゲームの中に登場するような装備品、アクセサリーを作りたいとてレザークラフトにて様々な装飾品を作成しています。
( Twitter )

下記は作家一覧となります。※敬称略
●作家一覧
・魔法道具店「リーゼの庭」
minneTwitterInstagram
・一芒
WebTwitterPixiv

続きを読む 5月箱展(51):驚異の部屋ZWEI