3月箱展MINI(mini19):思い出のアルバム

あの時の子って、誰だっけ。

●企画番号:mini19
追加募集中:2021年12月12日まで
●テーマ
遠い記憶。あるいは近い内に、卒業、退社……別れがあり、そして新たな出会いがある。記憶のなかに残る、色々な思い出。
アルバムをめくれば、忘れていた過去の記憶もきっと引き出される。楽しい記憶も、少し胸がしまる記憶も。
—-
出会いと別れがテーマであれば、卒業や入学式、その他諸々なんでも問題ありません。素敵な作品をお待ちしております。
ハッシュタグ:#箱展 #アルバムサワー

テーマ:出会いと別れ
参加費:3000円(A5以内複数点可能、20cm四方造形・可能)
参加サイズ:A5以内複数点(額縁、キャプションを除く)
※A5サイズを複数点出せる訳ではなく、A5サイズ(148×210mm)以内に収まる作品であれば複数点可能という意味となります。例としてA6サイズなら2枚分、一般的なミニ原画(55×55mm)であれば4個可能になります。
2022年2月28日(月)~3月20日(日)
搬入日:2022年2月25日(金)18時頃~20時頃のゆうパックで必着
企画番号:mini19

●物販について
物販手数料:30%
また、強制はしませんが、出来る限りテーマに沿った物販品でお願いします。
その他の物販規定はこちらをご覧下さい。

●通販について
会期中に通販を行います。通販での販売額は販売手数料を加味して、店頭販売価格の15%上乗せとなります。
ただし、通販で販売があった際でも、作家様へ振込する額に関しては店頭販売価格と同じになります。

●その他
・参加者は募集終了後1~2週間程度で告知をする予定です。
・箱の中のお店のTwitterアカウントのフォローをお願いします。

2022年3月箱展(56):孕みの舌

舌から滴る液すら美しい

企画番号:56
追加募集中:2021年12月12日まで
●テーマ
「舌」は人間の食を彩る味覚を感じ取り、人の悦びを感じ取る。「食」は口に入れ、舌で撫で回して血肉となる。
口から摂取するものは、果たして本当に「食」なのか。それとも、新たな誕生を迎えるための儀式なのか。
——————-
この企画展は「少年と食」がテーマです。R-15、R-18の表現を希望される方はご応募時にご記載下さい。

ハッシュタグ:#箱展 #ハラ舌
●会期
2022年2月28日(月)~3月13日(日)
※予定、延長の可能性あり

●会場
画廊&雑貨屋<箱の中のお店>
〒462-0044
愛知県名古屋市北区北区元志賀町1丁目 元志賀町1丁目12−1東-2
平日18時~20時/土日祝14時~20時/水木定休

続きを読む 2022年3月箱展(56):孕みの舌

2月箱展MINI(mini18):ゆき×ゆき

雪のふる音って?

●企画番号:mini18
●テーマ
雪で染まった白い風景。町もいつもと違う景色。雪に雪をかさねて……日差しと共に溶けていく景色。
—-
雪がふっている風景や、雪だるまなど、雪が絡んでいる作品であれば問題ありません。素敵な作品をお待ちしております。
ハッシュタグ:#箱展 #雪ユキ

テーマ:雪
参加費:3000円(A5以内複数点可能、20cm四方造形・可能)
参加サイズ:A5以内複数点(額縁、キャプションを除く)
※A5サイズを複数点出せる訳ではなく、A5サイズ(148×210mm)以内に収まる作品であれば複数点可能という意味となります。例としてA6サイズなら2枚分、一般的なミニ原画(55×55mm)であれば4個可能になります。
2022年1月31日(月)~2月20日(日)
搬入日:2022年1月28日(金)18時頃~20時頃のゆうパックで必着
企画番号:mini18

●物販について
物販手数料:30%
また、強制はしませんが、出来る限りテーマに沿った物販品でお願いします。
その他の物販規定はこちらをご覧下さい。

●通販について
会期中に通販を行います。通販での販売額は販売手数料を加味して、店頭販売価格の15%上乗せとなります。
ただし、通販で販売があった際でも、作家様へ振込する額に関しては店頭販売価格と同じになります。

●その他
・参加者は募集終了後1~2週間程度で告知をする予定です。
・箱の中のお店のTwitterアカウントのフォローをお願いします。

1月箱展MINI(mini17):とらねこ感謝祭

ネコと和解せよ!

●企画番号:mini17
●テーマ
新年はネコと一緒に!トラやライオンもOK!ネコ科と縁起物で最高の1月を!
—-
ネコを含むネコ科と&縁起物がテーマとなります。縁起がよさそうな雰囲気であれば、ネコ科オンリーでも問題ありません。素敵な作品をお待ちしております。
ハッシュタグ:#箱展 #ネコチカラ

テーマ:ネコ科と縁起物
参加費:3000円(A5以内複数点可能、20cm四方造形・可能)
参加サイズ:A5以内複数点(額縁、キャプションを除く)
※A5サイズを複数点出せる訳ではなく、A5サイズ(148×210mm)以内に収まる作品であれば複数点可能という意味となります。例としてA6サイズなら2枚分、一般的なミニ原画(55×55mm)であれば4個可能になります。
2022年1月10日(月)~1月23日(日)
搬入日:2022年1月7日(金)18時頃~20時頃のゆうパックで必着
企画番号:mini17

●物販について
物販手数料:30%
また、強制はしませんが、出来る限りテーマに沿った物販品でお願いします。
その他の物販規定はこちらをご覧下さい。

●通販について
会期中に通販を行います。通販での販売額は販売手数料を加味して、店頭販売価格の15%上乗せとなります。
ただし、通販で販売があった際でも、作家様へ振込する額に関しては店頭販売価格と同じになります。

●その他
・参加者は募集終了後1~2週間程度で告知をする予定です。
・箱の中のお店のTwitterアカウントのフォローをお願いします。

2022年1月箱展(55):畏敬展

それは私のことを、砂粒以下だとおもっているもの

企画番号:55
●テーマ
自然を前に人はどうにもできないように、いくら畏れども許されない、そもそもそんな次元ではない存在。
人々に力を与え、時には破壊を与える存在。畏敬する存在は——
——————-
この企画展は「畏敬する存在・邪神」がテーマです。

ハッシュタグ:#箱展 #畏怖セヨ
●会期
2022年1月10日(月)~1月23日(日)
※予定、延長の可能性あり

●会場
画廊&雑貨屋<箱の中のお店>
〒462-0044
愛知県名古屋市北区北区元志賀町1丁目 元志賀町1丁目12−1東-2
平日18時~20時/土日祝14時~20時/水木定休

●作家一覧 ※敬称略
・ゲスト


つっく
作家コメント
北海道出身。自然や人々の心の中に宿る神々の存在を表現したく、『土着信仰』をテーマに獣や神様のいるどこか懐かしい風景を描いています。
( Twitterpixiv )

つり河
作家コメント
イラストレーター・画家として活動するつり河です。
鮮やかな色彩で生き物の生命力と雄大な世界を描きます。2021年初個展にてデビューし、web展覧会やグループ展などに参加しています。
( TwittertumblerInstagram )

・ゆきか
WEB
・内田 欣二
Instagram
・おいも
Twitter
・こち
pixivTwittertumbler
・和金
Twitterpixiv